AMPEG BA-210 ベースコンボアンプ-アンプ

AMPEG BA-210 ベースコンボアンプ-アンプ

AMPEG BA-210 ベースコンボアンプ-アンプ







AMPEG BA-210 ベースコンボアンプ

「BA-210」は伝統的なアンペグ・トーンを継承し、10インチ・スピーカーを2基と1インチ・ツイーターを1基搭載し、リハーサルからステージに対応した283W(@8Ω)出力のベース・コンボ・アンプです。

通常の直立したポジションに加え、60度のモニター・アングル・ポジションでの使用も可能な2ウェイ・デザインを採用しています。
フロント・パネルには、アクティヴ・ベースにも対応した-15dBスイッチ、Volume、3バンドEQ(Bass, Mid, Treble)、Ultra Lo/Hiスイッチ、HFミュート・スイッチ、AUXレベルという基本コントロールに加え、新機能「ベース・スクランブラー」と名付けられたSVTシリーズの歪みを再現したオーバードライヴ・コントロールを装備しています。
ドライヴ・サウンドの調整と原音へのミックス量を自在にコントロールでき、サウンドメイキングの幅が広がります。
また、デジタル・オーディオ・プレイヤーなどを接続し、音楽に合わせて演奏が出来るAUX入力端子や夜間の練習にも最適なヘッドフォン・アウトを装備しています。
スピーカー出力端子を使用して、外部スピーカー・キャビネット(8Ω)を追加すれば、合計450W(@4Ω)の大出力にすることも可能です。

【特徴】
-クラシック・アンペグ・トーン-
・283W (@8Ω)、450W (@4Ω) 出力
・10インチ Ampeg Custom15スピーカー(2基) + 1インチ・ツイーター搭載
・Ultra Lo / Ultra Hiスイッチ装備
・3バンドEQを搭載したアンペグ伝統のプリアンプ
・SVTシリーズを彷彿とさせる歪みを作り出すオーバードライヴ・コントロール『Bass Scrambler(ベース・スクランブラー)』搭載。

-モダン・フレキシビリティー-
・安定感のある60度のモニター・アングル
・XLRバランスド・ライン・アウト
・エフェクト・センド/リターン端子
・ツイーター・ミュート・スイッチ
・デジタル・オーディオ・プレイヤーなどの接続が可能なAux入力端子
・スピーカー出力をせずに練習できるヘッドフォン・アウト
・アクティヴ・ベースにも対応した-15dBパッド

-耐久性と運搬性-
・キャビネットには耐久性のある15mm厚のポプラ材のプライウッドを採用
・強固なスティール・アンプ・シャーシ
・衝撃に強いブラックのメタル・コーナー
・丈夫なアンペグ・クラッシック・ブラック・トーレックスの外装
・運搬しやすいポータブル・デザイン(約20.4kg)



【Specifications】
Output Power Rating:283 watts @ 8 ohms
Tone Controls:[Bass] ±14dB@40Hz [Mid] +5/-11dB@500Hz [Treble] +16/-15dB@4kHz
Speakers:2 × 10" speaker: 4 ohms 1 x 1” Piezo HF Tweeter
Size (H x W x D):630 x 508 x 381mm
Weight:約21.8kg
KP100 ヤマハ キックパッド YAMAHA

AMPEG BA-210 ベースコンボアンプ-アンプ

AMPEG BA-210 ベースコンボアンプ-アンプ